×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

吃音面接の方法

吃音面接の方法

吃音面接の方法

最近、知り合いにどもりの友人がおり、今後のことが心配だから、インターネットで検索してみると、吃音面接の方法について真剣に悩まれている人が多い。他にも調べていたら就職活動や子供のどもり・・・などそのような悩みを抱えている方が多いですね。

しかし、吃音面接の方法について悩む前に、最近ではいろんな解決法、情報があるということを知っていただければと思います。例えば、以下のような実経験に沿った手法など参考にされてはいかかでしょうか?

重度の吃音どもりで21年間苦しみ続けた私が、
自宅での1日9分の簡単なトレーニングで克服し、
高校教師になった方法を知りたくないですか?


>> 知りたい方はこちらをクリック

●結婚してから7年程経ちますが、自分の名前(タ行)がなかなか言えません。職場で....
結婚してから7年程経ちますが、自分の名前(タ行)がなかなか言えません。職場でも電話対応時に必ず名前を言わなければいけないし、緊張して電話のベルがなるのが恐怖で仕事も手につきません。自分の名前以外にも特に電話では始めの「おはようございます」や「ありがとうございます」の最初の言葉がでなかったり、人と話をしているときもマ行やナ行が出なかったりします。普段は普通に話せているし、重度の吃音ではないと思いますが、自分の名前が言えない為電話での予約等の度に緊張してしまい、うまく言えないと自己嫌悪に陥ります。 いつか友達が私が寝ていて聞いていないと思い、私のことを「よくどもるよね」と話していて、ショックでした。その子とは今でも仲良しだけどその時のことは忘れられません。吃音がある為事務仕事が苦痛で、資格や経験はあるのにどうしても避けてしまいます。 吃音さえなければもっと条件がよく充実した仕事ができるのに・・・と腹ただしくなります。 本などで呼吸法を練習したり、運転中に出にくい言葉を何度も言ったりしていますが、いざとなると「た たしろ」のようにどもってしまいます。やはりお金をだして徹底的に訓練したほうがいいのでしょうか。いいアドバイスがあればお願いします。
続き

吃音の昔からある治療法とは

吃音面接の方法

症状があるからといって、特に生死に係る物ではなく、なった事のない方からすれば、大した事とは感じられない事から、比較的軽視される事が多いという「吃音」や「どもり」ですが、吃音を抱える方の多くは、話す事を避けてしまったり、人と会う事を嫌うようになったり、時には生きている事さえつらく感じるほどに、深刻な悩みなのです。

日本では、昔から吃音の原因は、心因性であると、医学的にも一般的にも広く偏った捉え方をされてきました。

その為、「あせらず落ち着いて話しましょう」「緊張しないで話しましょう」などと、吃音症を抱える方に向かって、軽い気持ちでいってしまっていた方も、多いのではないでしょうか?

もしかしたら、面白おかしくどもった話し方や、焦った表情を真似をして、からかった経験のある方もいるかもしれません。

でもじつは、吃音はすべてが心因性の物である訳ではなく、右脳の機能不全が原因である場合など、様々な理由がある病気なのです。

ですが、緊張や不安が原因でどもると認識され、昔は心理療法が最適な治療とされていました。
そのせいで、なかなか治らない病気だと捉えられてきましたが、ほとんどの場合、焦りからどもりが生まれるのではなく、どもってしまった事に焦っているだけなのです。

今では、心理療法だけでなく、様々な角度から研究が進み、治療法・矯正法ともに有効な物がたくさんありますので悩んでいる方は、1度お近くの言語聴覚士などに相談してみてください。

重度の吃音どもりで21年間苦しみ続けた私が、
自宅での1日9分の簡単なトレーニングで克服し、
高校教師になった方法を知りたくないですか?


>> 知りたい方はこちらをクリック